【警告】こんな女性が老け顔になりやすい!事例から改善する老け顔対策

【うるおい肌】ってどんな肌?

水分をタップリと含んでいてしっとりとした柔らかさをもつ肌。
これが潤いのある肌です。

 

お風呂あがりを想像してみましょう。
水気を含んだぷるぷるのお肌は透明感があり、手を当てると吸い付くような感触ですよね。

 

おでんの具大根も、まず水煮をして繊維に充分な水分を含ませると
柔らかくて透き通り、味が中まで染み込みやすくなるのです。
美肌にとってこの「水分」というのはとても大切な要素。
だからパックやお水を飲むことはとても大切です。

 

一方、目の周りがカサカサしたり皮が向けてきたり顔に触った時に
ザラザラとして硬い感触がするのは、明らかに「うるおい不足」のサインです。

 

そういうお肌には化粧水や美容液がスムーズに浸透しませんし
メイクのりも悪いですね。

 

さらに、肌表面が乾燥していると「日に焼けやすい」「痒みがでてくる」「洗顔後に湿疹が出る」
などトラブルが起きやすいのが事実です。
加齢とともに私達のお肌の水分は少しずつ減っていきます。
だからこそ、意識して補充していく必要があるのです。

 

潤いさえあれば、肌のガードする機能も高まりますしそれこそ化粧をしないで待ちを歩きたくなるほど
素肌に自信がついてくるはずです。

 

潤いを取り戻すための道

 

お手入れのポイントとして、とにかく水分を与えてキープさせることです。
例えばローションを含ませたコットンでパッティングしたりパックしたりと
タップリと水分補給をします。

 

さらに、紫外線やエアコンは肌の乾燥を招く大きな要因です。
外出時の日焼け対策はもちろん、エアコンの部屋にいるときは
保湿クリームを塗るなどのこまめなケアに気をつけましょう。

 

オススメはさっぱり系ではなく、適度に粘度のある化粧水です。

 

乾燥しやすい目元にはアイクリームもおすすめです。
メイクにもひと工夫あり、パウダリータイプのファンデーションだと肌の水分を奪いますので
極力リキッドタイプのものを選びましょう。

 

また、食事は「ネバネバ系」や、「ヒアルロン酸」を多く含む
鶏手羽先などを摂るのも肌の水分キープにとても有効です。

 

また、乾燥予防には「βカロテン」を含むものがオススメです。
かぼちゃやにんじん、ほうれん草などです。
毎日の食事に積極的にとりいれましょう。

 

とにかく水分補給と真皮ケアを主体に行いましょう。